ウィッグなら様々なヘアスタイルを楽しめる

エクステとはもともと「つけ毛」という意味

分けられているウィッグとエクステでは理由があります。なので、ウィッグよりコストで言うとエクステの方がかかると思います。

 

元来ウィッグとエクステとの違いってなんでしょう?地毛とだいたいおなじ扱いができるので、エクステの優れた点は、ウィッグよりバレにくいという点があります。がっちりと編みこむので、地毛とほとんど変わりない扱いができるようになります。

 

編みこみで最初はエクステがバレるのが嫌だという声もありましたが、エクステをする人が「あの編みこみがかわいい」という理由でいまとなっては沢山存在をしてます。難点は、自分の手では一度つけると取れないということ。

 

エクステをつけてるそれは証拠です。人の髪の毛に人の手で付け毛を編みこむものが「エクステ」と呼ばれてます。

 

お金をエクステショップで払って取ろうと思うと外してもらうしかありません。超ロングにしたい!簡単にウィッグが取り外しのできる付け毛であることにたいし、簡単にエクステは取り外しをする事が出来ません。

 

日本で現在、使われてる「エクステ」という言葉には、意味として「編みこんでつける付け毛」という事があります。髪の毛を早急伸ばしたい!という人に人気のアイテムです。

 

ということは……両方ともウィッグもエクステも「つけ毛」であり、差はあってません。「エクステウィッグ」というものもこの頃ではあるので、もーいったい何がなにやら……という感じですね。

 

髪の毛の一部がポニーテールをしている人で、極細編みこみになってる人を見かけた事はございませんか?エクステとはもともと「つけ毛」という意味です。

 

知っているようで知らない医療用ウイッグは、まずは基礎知識を知ることが大切です。
何も知識の無いままウィッグを調べても意味がありませんので、ウィッグをまずはネット検索してみましょう。